オンライン英会話 個別指導のエイゴル。オンライン英会話スクールを超えた完全個別指導。幼児英会話、キッズ英会話、子供英会話でも評判。無料体験レッスン回数無制限、完全後払い、毎月1000円以下のインターネット英会話で格安料金。

MENU

フィリピンからのエッセイ Essay from Philippines

Essay from Philippines オンライン英会話 エイゴル

 

 ここでは、フィリピンから送られてきたいくつかのエッセイ(随筆、記事)を掲載していきます。これらのエッセイは、フィリピンの人と日本人に通じる素直な感性を感じてもらえると思います。いくつか、文法や語彙などが省略されているところもありますが、あえて、修正せず掲載していきます。

2016/07/14掲載

CRIMES AGAINST OUR ENVIRONMENT

Okay, its true. We humans have made a mess of our world. We’ve committed many criminals act against our environment,If we’d been a little smarter, if we had done more planning, if we hadn’t been so greedy, our world would be a much better place. We wouldn’t have created giant cities without efficient transportation system. We wouldn’t have populated our air, land, and water.We wouldn’t have let people become so desperate that drugs and crime were their only escape. We would have created healthy, livable cities that showed respect for humanity and for the environment. It is to late? Absolutely not! We got ourselves into this mess; We certainly get ourselves out.

Google自動翻訳を以下に掲載

私たちの環境に対する犯罪

 私たち人間は、私たちの世界の混乱を行いました。我々は少し賢くなってんだ場合、多くの犯罪者たちがそう貪欲されていなかった場合、我々は、より多くの企画を行っていた場合、私たちの環境に対して作用コミットしてきた、私たちの世界はより良い場所でしょう。私たちは、効率的な輸送システムのない巨大都市を作成していないだろう。私たちは、空気、土地を取り込まなかっただろう、とwater.Weは、人々が麻薬や犯罪が彼らの唯一の脱出だったように必死になってみましょう持っていません。私たちは、人類のためと環境の尊重を示した健全な、住みやすい都市を作成しているだろう。それは後半にありますか? 絶対違う!私たちは、この混乱の中に自分自身を得ました。私たちは確かに自分自身を出します。

2016/05/30掲載

AWAKENING CALL

Poverty is always part of the circumstances that have been experiencing here in our country [PHILIPPINES]. The population here in the Philippines still growing despite of lack of resources. Lots of the people experiencing lack of goods, education and proper living. You’ll see lots of beggars collecting garbage and waste to sell in order rare money to buy goods for their family. A disappointment why parents allow their kids to earn for the family but that’s their responsibility to do it. The only solution to lessen not to solve this kind of circumstances and problem, is to wake up and awaken the government to see what’s the real happening outside their beautiful and better living.

Google自動翻訳を以下に掲載

覚醒CALL

貧困は常に私たちの国[フィリピン]ここで経験している状況の一部です。ここでは、フィリピンの人口は依然として資源の不足にもかかわらず成長しています。商品の不足、教育、適切な生活を経験する多くの人々。あなたは自分の家族のために商品を購入するため稀お金に販売するゴミや廃棄物の収集乞食の多くが表示されます。失望はなぜ親は自分の子供が家族のために稼ぐすることを可能にするが、それはそれを行うには彼らの責任です。唯一の解決策は、状況やこの種の問題を解決しないように軽減するために、目を覚ますと、その美しく、より良い生活外の本当何が起こっているかを確認するために政府を目覚めさせることです。

2016/05/20掲載

BE A FAIR ON WORKER

Job description beyond job compensation. Lots of of employers didn’t give the right compensate for there employees because they can easily fool them. Most of the employer has a intelligent and bright ideas kept their minds. Filipino are known as hard worker and fast learner that”s why they have been abuse and insulted.The wrong and difficult for those workers was the complaint that they never gives to their employers . Labor codes never been followed in terms of those unlicensed company.And especially for those little and small establish. Although the better is labor code must be followed for a better ruled.

Google自動翻訳を以下に掲載

労働者に公正であれ

ジョブ補償を越えてジョブの説明。雇用のの多くは、彼らが簡単にそれらをだますことができるので、右がある従業員を補う与えませんでした。雇用者のほとんどは、知的で明るいアイデアは彼らの心を保っています。フィリピン人は「彼らが虐待をされていると侮辱した理由だということ働き者と高速学習者として知られています。
これらの労働者のための間違ったと難しいが、彼らは決して彼らの雇用者に付与するものではありません苦情でした。労働・コードは、これらのライセンスのない会社という点で続いされたことはありません。
そして、それらのほとんどと小が確立し、特にのために。で、より良い労働コードはよりよいために従わなければならないが判決を下しました。

2016/05/13掲載

CASE OF THIRD PARTY

Why lots of minors involve in love/ family affair which is inappropriate as a right doing.
The main reason why they did this kind of doing was lack of attention and lack of money support.
Filipino is known as good lover, service provider in a good way.
Because of lack attention and earnings/ lack of earnings they find a man and woman with high earnings or let’s say rich, just to get money for to fulfill their needs. But lots of women involve in third party instead of men.
There’s a lot of case which is concubinage and bigamy involves. Lack of manners and education reasons why life for those unluckily who doesn’t have it. Teaching the right manners to your relatives or in neighbor hood to lessen this kind of case.

Google自動翻訳を以下に掲載 

第三者のケース

未成年者の多くは愛/家族の事件に関与なぜ右がやっ不適切な写真です。
彼らがやってのこの種をした主な理由は、注意不足と資金のサポートの欠如でした。
フィリピン人は、良い意味で良い恋人、サービスプロバイダとして知られています。
そのため不足の注目を集め、収益の/収益性の欠如は、彼らが高収益を持った男と女を見つけるか、ちょうど彼らのニーズを満たすためにするためのお金を得るために、豊富な言わせて。しかし、女性の多くは、サードパーティの代わりに、男性にかかわります。
内縁関係で、重婚が伴う例がたくさんあります。それらのための人生は不幸それを持っていないなぜマナーや教育上の理由の欠如。あなたの親戚や隣人フードで右のマナーを教えることはこのような場合を軽減します。

2016/05/09掲載

TOWARDS WORLD CITIZENSHIP

Our world a hundred years ago was a world of great distances: lands,mountains,seas, and ocean separating peoples and nations. Today, this world of ours has shrunk. It has grown so small that almost all corners are within reach. The lands, mountains, seas, and ocean can be bridged, unbelievably, in days, or hours or even minutes. Indeed, we now live in a global village. Thus, we have become not merely citizens of our respective countries. We are becoming citizens of the world. As such, we must all share in the wondrous benefits bestowed on us by modern science and technology, as well as the heavy burden in the 21st century. You will read about the urgent need for a world language by which we can communicate and interact with other peoples, other nations. You will find out why English has emerged as today global language. You will also read about two critical situations our world is facing, problems to which every nation is contributor and to which each is bound, therefore, to help find solution to: saving the environment and preserving peace in the world.

Google自動翻訳を以下に掲載 

世界人に向けて

私たちの世界は百年前の世界は偉大な距離: 土地, 海, 山, 海と人を分離する. 今日は, これは私たちの世界が縮んだ. それがとても少ないので, ほとんどすべてのコーナーは手近にある. その土地は, 海, 山, 海, brigedできますが, 信じられないほどで, 時間も十分. 本当にわれは, n owに住んでいる地球村. このように, 私たちは, 市民になるだけでなく私たちの, それぞれの国. 私たちは, 市民になるのだ. このように, 私たちは皆にシェアしなければならないのは驚くべき給付によって私たちに与えた近代科学技術と同様に, 重い負担の21世紀. あなたはについて読んで緊急の必要が世界語で会話できることや, 他の人との交流, 他の国だ. あなたはなぜ英語は今日として登場したグローバル言語である. あなたは二人とも読み, 危機的状況について, 私たちの世界は, 問題に直面するすべての国民は, 出資者には, それぞれに行き, そこで, 解決策を見つける手助けを保存: 環境保全, 世界に平和を.

2016/05/01掲載

BE A SELFLESS

After all of the happening and continuous sufferings, Philippines still on its struggle when it come in poverty. A lot of constitution passed but there nothing change.When it comes to the state of the monetary earnings of the low level Philippines. Instead to solve the first problem they first do the thing that will give to their own publicity and do a lot of propaganda for the next election. Almost, most of their the people who are sited with the position in the government and selfish nor selfless, they think and do just for their sake not for the people in their community.

Google自動翻訳を以下に掲載 

無欲たれ

 ハプニングと連続苦しみのすべての後、フィリピンはまだその闘争にそれが貧困に来るとき。憲法の多くは、渡されたが、それは低レベルフィリピンの金銭的利益の状態にあり、何も来change.When。その代わりに、彼らは最初に自分の宣伝を与え、次の選挙のためのプロパガンダの多くを行いますことを行う第一の課題を解決するために。ほぼ、利己的でも無私のは、彼らが考え、その地域の人々のためではない彼らのためにだけ行う政府と中の位置で土地を選定している者、それらの人々のほとんど。

2016/04/15掲載

JOB DESCRIPTION/QUALIFICATION

 When it comes in Job Opportunity, age is a must that’s why Age discrimination was one of the problems of those applicant. If you are 30 years old or more you’ll find it difficult to find a job. Not only that, if you are less educated only few opportunity you grab because associate courses is not yet valuable in terms of Job. Sometimes you’re in, in their qualification but your age is not beyond their description your no longer qualified to apply for their position needs. All of the Job applicants wishing to more age qualification to find a Job in easy way to earn for their families and keep for their future.

Google自動翻訳を以下に掲載 

職務内容/資格

それは仕事機会になると、年齢が年齢差別はそれらの申請者の問題の一つであった理由です必見です。あなたは30歳以上であれば、あなたはそれが困難な仕事を見つけるために見つけることができます。あなたが少なく、ほんの数機会が教育を受けている場合は准コースは、仕事の面ではまだ貴重ではありませんので、それだけではなく、あなたがつかみます。時には、あなたはそれらの資格で、にしていませんが、あなたの年齢は、あなたはもうその説明を超えて自分の位置ニーズを申請する資格がありません。家族のために獲得し、彼らの将来のために維持するために簡単な方法で仕事を見つけるために、より多くの年齢資格を希望する求職者のすべて。

2016/02/22掲載

FIRST DAY AT SCHOOL

I was and half paralyzed when in presence of a crowd, and my first day at the new school made me the laughing stock of the classroom. I was sent to the blackboard to write my name and address. I knew my name and address, knew how to write it,knew how to spell it; but standing at the blackboard with eyes of many girls and boys looking at my back made me freeze inside and I was unable to write a single letter. I lifted the white chalk to the blackboard and,as I was about to write,my mind went black,empty; I could not remember my name,not even the first letter.Somebody giggled and I stiffened.An impulse to write would flash through me, but my hand would refuse to move.the children began to titter me and I flushed hotly. The teacher walked to my side, smiling at me to give me confidence.She placed her hand tenderly upon my shoulder. I spelled my name in a wild rush of letters, trying desperately to redeem my paralyzing shyness. Again I turned to the blackboard and lifted my hand to write,then I was blank and void within.I tried frantically to collect my sense but I could remember nothing.A sense of the girls and boys behind me filled me to exclusion of everything.I realized how utterly I was failing and I grew weak and leaned my hot forehead against the cold blackboard.The room burst into a loud and prolonged laugh and my muscle froze. I sat and cursed myself.Why did I always appear so dumb when I was called to perform something in a crowd? I knew how to write as well as any pupil in the classroom, and no doubt I read better than any of them, and I could talk fluently and expressively when I was sure myself. Then why did strange faces make me freeze? I sat with my ears and neck burning, hearing the pupils whisper about me, hating myself, hating them.

Google自動翻訳を以下に掲載

学校での最初の日

私がいたと半分が麻痺したとき、観客の存在下で、新しい学校での私の最初の日は私の教室の笑いを作りました。私は自分の名前と住所を書くために黒板に送られました。私は、私の名前と住所を知って、それを作成する方法を知っていた、それをスペルする方法を知っていました。しかし、私の背中を見て多くの女の子と男の子の目で黒板に立って、私は内部の凍結作られ、私は、単一の文字を書き込むことができませんでした。私は空に、私の心は真っ暗になった、私が書くとしていたとして、黒板に白いチョークを持ち上げて、私は、私の名前を覚えていない可能性もない最初のletter.Somebodyはくすくすと私は書くためにインパルスstiffened.An私を通して点滅しますが、私の手は、子どもたちが私を忍び笑いし始め、私は熱くフラッシュmove.theことを拒否するであろう。先生はconfidence.Sheが私の肩に優しく手を置いた私を与えるために私に笑みを浮かべて、私の側に歩きました。私は自分の無力内気を償還するために必死にしようと、手紙の野生急いで私の名前を綴りました。再び私は黒板になって、書き込みに私の手を持ち上げ、その後、私は空白だったとの空隙within.Iは私の感覚を収集するために必死に試みたが、私は私の後ろの女の子と男の子のnothing.A感を覚えることができるすべてのものを排除して、私を満たしました。私は私が失敗したか全く実現し、私は弱い成長し、大声で、長期の笑いだす冷たいblackboard.The室に対する私の熱い額に寄りかかって、私の筋肉が凍結しました。私は座って、呪われたmyself.Whyは、私はいつも私は、群衆の中で何かを実行するために呼び出されたときにダムに表示されたのですか?私はだけでなく、教室内の任意の瞳を作成する方法を知っていた、と私はそれらのいずれかよりも良い読み間違いなく、私は自分自身確信していたとき、私は流暢かつ表情豊かに話すことができました。なぜ変な顔は私がフリーズしましたか。私はそれらを憎み、自分自身を憎み、生徒は私についてささやく聞いて、私の耳と首の燃焼に座っていました。

2016/02/17掲載

EASY MONEY IN A WRONG WAY

I can’t understand why some women sell their body just to gain money. Infact, there’s a lot of job opportunity belong here in the Philippines but they wont grab it. The reason why was only to gain money or to have income fast or in easy way. That kind of job,give a bad description and ruin their reputation.The reason why they less respected by most of the people. Lots of minor involved in this kind of job, if this call as job,but rebelling was one of the reason pushes them to do it. But if i am at its situation {not wishing as if} i am not that hopeless to take that kind of doing just to earn money, a little money.They didn’t think that they may be infected of some kind of decease just like HIV or Aids.And they’r income in this work not enough to pay just to cure it.

Google自動翻訳を以下に掲載

間違った方法で楽に手にはいる金

一部の女性だけのお金を得るために自分の体を売る、なぜ私が理解することはできません。実際には、雇用機会の多くはフィリピンでここに属しているが、彼らはそれをつかむ習慣があります。お金を得るために、または高速または簡単な方法で収入を持っているだけだった理由。仕事のようなものは、悪い記述を与え、それらは以下の人々のほとんどが尊敬なぜそのreputation.The理由を台無しに。ジョブとしてこの呼び出しが、しかし理由の1それを行うためにそれらをプッシュした反抗場合、マイナーの多くは、仕事のこの種に関与。私はそのような状況で午前場合しかし、私はお金を稼ぐためだけにやってのようなものを取るために、その絶望的ではないです{かのように望まない}、少しmoney.Theyは、彼らが死亡のいくつかの種類だけなどで感染することができることを考えていませんでしたHIVやエイズ。そして、十分ではない、この作品で彼らの収入は、それを治すためにだけ支払うこと。

2016/02/02掲載

ASK FOR BEST RULER

The most horrible that happened always here in the Philippines was the involvement of Parents raping their child , or their relatives because of lack in manners.Sometimes that happenings make me wonder, why does this horrible thing did to their own blood and flesh. According to the result of the police investigation, those people who do that thing was under the influence of drugs or anything that affect the way they think.This kind of case been repeated because those crime or doer does not afraid because our court only have imprisonment not death penalty that’s why they do it over and over again. The only way to stop this kind of crime is to have a better government and Ruler to sustain the best for their community to stop and protect their people.

Google自動翻訳を以下に掲載

最良の規律を求めます

いつもここフィリピンで起こっている最も恐ろしいは自分の子供、またはこのために恐ろしいことが自分の血と肉にしたんなぜ出来事が私は不思議作るmanners.Sometimesに欠ける、の親戚を強姦親の関与でした。警察の調査の結果によると、そのことを行う人々は、私たちの裁判所だけ持っているので、それらの犯罪や行為者が恐れていないので、彼らは例think.This種類が繰り返されて方法に影響を与える薬か何かの影響下にありました彼らは何度もそれを上に行うと、なぜだ投獄ない死亡ペナルティ。彼らのコミュニティが停止し、その人々を保護する犯罪のこの種を停止する唯一の方法は、最善を維持するためのより良い政府と定規を持つことです。

2016/01/26掲載

DEATH WITH DIGNITY

Several years ago, my older cousin had a seizure that turn out to be result of lung cancer that had gone to his brain. I arranged for him to see various specialists, and we learned that with aggressive treatment, including three to five chemo-therapy sessions a week, he would live perhaps four month. Ultimately, my cousin decided against any treatment and simply took pills for brain swelling. He moved in with me.
We spent the next eight months doing a bunch of things that he enjoyed, having fun together like we hadn’t in decades. We went to Disneyland, his first time. We’d hang-out home, my cousin was a sport nut, and he was very happy to watch games and eat my cooking. He even gained a bit of weight, eating his favorite foods rather than hospital meals. He had no serious pain, and he remained high-spirited. One day, he didn’t wake up. He spent the next three days in Coma like, sleep then died. The cost of his medical care for those eight months, for the one drug, he was taking, was about $ 20.
My cousin was no doctor, but he knew, he wanted a life of quality, not just quantity. Don’t most of us? If there is a state of the art of end-of-life care, it is this death with dignity. As for me, my physician has my choices. They were easy to make, as they are for most physician. There will no heroics. And I will go gentle into that good night, like my mentor, like my cousin, like my fellow doctor.

Google自動翻訳を以下に掲載

尊厳死

数年前、私の古いいとこが彼の脳に行っていた肺がんの結果であることが判明発作を持っていました。彼はさまざまな専門家を参照するために私が配置されており、我々は3つから5つの化学療法セッション週を含む積極的な治療、で、彼は4月、おそらく住んでいることを学びました。最終的に、私のいとこは、任意の治療に対して決定し、単に脳の腫れのための丸薬を取りました。彼は私と一緒で移動しました。
私たちは数十年でいなかったように一緒に楽しんで、彼は楽しんで物事の束をやって次の8ヶ月を過ごしました。私たちはディズニーランド、彼の最初の時間に行ってきました。我々は、ハングアウトしたい家を、私のいとこは、スポーツのナットがあって、彼は試合を見て、私の料理を食べて非常に幸せでした。彼も彼の好きな食べ物ではなく、病院の食事を食べ、重量のビットを得ました。彼は深刻な痛みがなかった、彼は威勢のままでした。ある日、彼が目を覚ますしませんでした。彼は昏睡状態に次の3日間を過ごしたように、睡眠はその後死亡しました。それらの8ヶ月のための彼の医療費は、1薬剤のために、彼が取っていた、およそ$ 20でした。
彼は品質の生活だけでなく、量を望んでいた、私のいとこには医者ではなかったが、彼は知っていました。私たちのほとんどではないですか?終末期ケアの技術水準が存在する場合、それは尊厳この死です。私としては、私の医者は私の選択肢を持っています。彼らはほとんどの医師のためのものであるとして、彼らは、作るのは簡単でした。無英雄があります。そして、私は私の仲間の医者のように、私のいとこのように、私の師匠のように、その良い夜に優しくなります。

2016/01/24掲載

‘MY FRIEND’

My friend is the most amazing friend anybody could ask for. We’ve been through so much together, we’re basically like sisters. We meet on the first day of school in junior high school, both of us terrified by the massive size of the middle school. She had the locker right above mine. I told her I didn’t know anybody in our class and she said “You do now.”We’ve been friends ever since. Most boys think that my friend is cute. She has long red hair, cascading over her shoulders. She laughs about everything and when she does, you see about a hundred white teeth-so bright, you almost need sunglasses. When she laughs, her eyes grow wide, glowing emerald green. My friend likes to dress kind of skater, in camouflage pants, sweatshirts, and wristbands. But she’s unpredictable. She also trusts me to give her my honest opinion and to say what I feel. Last year, she thought that her teacher gave a lower math grade than she deserved. I told her the truth that my friend handed everything in late and what did she expect? Next marking period, my friend got her work on time, and pulled of an A. Thanks to me, she said. My friend is a wonderful listener. She let me tell her all my problems and she never diminishes the importance of my worries. I can tell she’s really listening, too, because she looks directly in my eyes the whole time, like she’s trying to see inside my head and figure me out. We don’t always agree on everything, and sometimes we even fight like sisters. But, in the end, we always stick together.

Google自動翻訳を以下に掲載

‘私の友人’

私の友人は誰もが求めることができる最も素晴らしい友人です。私たちはそんなに一緒に通ってきた、私たちは基本的には姉妹のようにしています。私たちは、中学校の大規模な大きさによって私達の両方が恐怖、中学校の学校の最初の日に会います。彼女は右の鉱山上記のロッカーを持っていました。私は、私たちのクラスで誰も知らなかった彼女に言った、彼女は言った、「あなたは、ここで実行してください。「私たちはそれ以来の友人してきました。ほとんどの男の子は私の友人はかわいいと思います。彼女は彼女の肩にカスケード接続、長い赤い髪を持っています。彼女はすべてについて笑うと、彼女がないとき、あなたは、約百白い歯、とても明るくを参照してください、あなたはほとんどサングラスを必要としています。彼女は笑うときは、彼女の目がエメラルドグリーンに輝く、広い成長します。私の友人は迷彩パンツ、スウェット、およびリストバンドで、スケーターの種類をドレスアップするのが好き。しかし、彼女は予測不可能です。彼女はまた彼女の私の正直な意見を与えることを、私は何を感じると言うために私を信頼します。昨年、彼女は彼女の先生は彼女が値するよりも低い数学の成績を与えたことを考えました。私は私の友人は後半にすべてのものを渡したことを彼女に真実を告げ、彼女は何を期待しましたか?期間マーキング次に、私の友人は、時間に彼女の仕事を持って、私にはA.のおかげで引っ張って、彼女は言いました。私の友人は素晴らしいリスナーです。彼女は私が彼女に私のすべての問題を言わせて、彼女は私の心配の重要性を減少させることはありません。彼女は私の目で直接全体の時間に見えるので、彼女は私の頭の中に見て、私を理解しようとしているように私は、彼女は本当にあまりにも、聴いています伝えることができます。私たちは常にすべてに同意しない、時には私たちも、姉妹のように戦います。しかし、最後に、私たちはいつも一緒に固執します。

2016/01/17掲載

‘FILIPINO TRAITS’

Filipino knows in the world for being kind and hospitable. A Filipino trait was learned by the children during their childhood by training of their parents. Mostly of Filipino’s live together with their family just to teach their child and their sibling with proper attitude and discipline. Although most of them are working, at early age they working but they never forget the teaching of their parents to spread out and share their beliefs to others while they are still young. Outside the country, Filipino still practice the traits that they’re gained while they’re living with their relatives neighborhood. Philippines is considered as one of the poor country in the world but the people living in this country has the talent that makes their life easy. Filipino has the talent versatile which is consist the talent of having wisdom and intelligent. During the childhood of Filipinos they learned how to become wise. Not all Filipinos know how to speak English but mostly knew. Education is the most valuable inheritance that parents can give to their children that why; they teach them while it’s early in not too late.

Google自動翻訳を以下に掲載

「フィリピン人の形質」

フィリピン人は親切でもてなしであることのための世界で知っています。フィリピンの形質は、両親の訓練によって彼らの幼年期の間に子供たちが学習されました。ほとんどのフィリピン人のちょうど適切な態度や規律との子供とその兄弟を教えるために家族と一緒に生活しています。それらのほとんどは、彼らが作業早い年齢で、作業しているが、彼らはまだ若いしている間、彼らは広がって他の人に自分の信念を共有するために、両親の教えを忘れることはありませんが。国の外では、フィリピン人はまだ彼らは親戚の近所に住んでいる間、彼らが獲得している形質を実践しています。フィリピンは世界で貧しい国の一つとして考えられているが、この国に住む人々は、自分の人生を容易にする才能を持っています。フィリピン人は、知恵とインテリジェントを持つ人材で構成され、才能の多彩なを持っています。フィリピン人の子供の頃の間、彼らは賢明になる方法を学習しました。すべてのフィリピン人は英語を話しますが、ほとんど知っていた方法を知っているわけではありません。教育は親が子供に与えることができる最も貴重な遺産である理由。手遅れ早いないでいながら、彼らはそれらを教えます。

2016/01/10掲載

GOOD DEED

I learned about the joy of helping others when i was Elementary. One of my classmates had forgotten his snack, so he had nothing to eat during recess. Nobody wanted to share with him because we were all very hungry and it was really his own fault that he would have to go without. That day my mother packed my favorite treat a chocolate and peanut butter cup. I wanted it all for myself, but my mother had often told me that I should share, so I broke my chocolate and peanut butter cup in half and gave my forgetful classmate one half. He nearly fell over in surprised. Then he smiled the biggest smile I had ever seen and I suddenly felt the greatest happiness I had ever felt. After that I always looked for chances to help people, because it always made them and I feel good.

Google自動翻訳を以下に掲載

善い行い

私は私が小学校のとき他人を助けることの喜びを学びました。私のクラスメートの一つは、彼の軽食を忘れていたので、彼は休み時間に食べるために何もしませんでした。誰も私たちはすべての非常に空腹だったので、彼と一緒に共有したいと思ったことはありません、また、彼はなしで行くしなければならない、本当に自分のせいでした。私の母は私のお気に入りを詰めその日はチョコレートとピーナッツバターカップを扱います。私は自分のためにすべてを望んでいたが、私の母は、多くの場合、私は共有する必要があることを私に言っていたので、私は半分に私のチョコレートとピーナッツバターカップを壊し、私の物忘れ同級生に半分を与えました。彼はほぼ驚いに倒れました。それから彼は私が今まで見たことの最大の笑顔を微笑んで、私は突然私が今まで感じていた最大幸福を感じました。その後、それは常にそれらを作ったので、私はいつも、人々を助けるためにチャンスを探して、私は良い感じ。

2016/1/2掲載

DRUGS A BIT ESCAPE

Here in the Philippines, a drug is spread throughout in different isle of the country but I’m pretty sure that everybody was using it. Using drug, push by the ushers to do something beyond their proper presence of mind. Using drug its either upper or downer if might affect their way of thinking that why they did something too bad and beyond the law just like robbing, raping and sometimes it turn to kill innocent persons. Mostly the user of drugs was theinnocent child, the poor one. And those person in the dark side that motivate them to take just a little escape to their problems for a time. Our government can’t find way to fix the problems and crime which drug is involved. Lots of parents take too hard just to discipline their children who always drug is involved. JUST A LITTLE ADVICE, DO NOT ALLOW YOUR CHILDREN RUIN THEIR LIFE BECAUSE OF DRUGS……………

Google自動翻訳を以下に掲載

ドラッグによる逃避

ここフィリピンでは、薬物は、国のさまざまな島の全体に広がるが、私は誰もがそれを使用していたことをかなり確信しています。心のそれらの適切な存在を超えた何かをする案内係による薬剤、プッシュを使用しました。その上側またはダウナーいずれかの薬物を使用すると、思考の彼らの方法に影響を与える可能性がある場合は、その彼らはただ、強盗強姦、時にはそれが無実の人々を殺すために回すような、あまりにも悪いし、法律を超えた何かがなかった理由。ほとんどの薬の使用者はtheinnocent子、悪いものでした。そして、彼らのやる気を引き出すダークサイドのもの人が時間のための彼らの問題に少しだけエスケープを取ります。私たちの政府は、薬物が関与している問題や犯罪を解決する方法を見つけることができません。親の多くは、単に常に薬が関与している子供たちを訓練するにはあまりにも難しい取ります。ほんの少しのアドバイスは、あなたの子供が原因薬物の自分の人生を台無しに認めていません

2015/12/30掲載

PHILIPPINES LIFE

Those people who live in the Philippines they do anything to their love ones. Even though its bad or good. There’s so many works here in Philippines but in this generation now a day, only few people have a stable and good work maybe to the salary of their parents which still not enough to sustain and support the needs their family. Thus it is one of the reasons why some people sacrifice to leave their family here in the Philippines for a big bun of money in abroad. Without our knowledge their sacrifices was a big obligation just to raise their family from poverty. It’s so hard to leave are family but still we all want to leave a prosperous life and to help our fellowmen in different ways……..In my own opinion being a Overseas Filipino Workers (OFW) was a prestigious work as a Filipino. In every side in our world has Filipino. Every one of them has an obligation that no one could take money because of their hard work in a good way. Because Filipino are hard working kind, patience and proud to work as a Filipino. That’s why Philippines never prosper because some Filipino getting abroad and many of them are uneducated nor they can’t sustain their studies financially. So I can say, it’s so hard to live here in the Philippines.

Google自動翻訳を以下に掲載

フィリピンライフ

彼らは彼らの愛のものに何かを行うフィリピンに住んでいるそれらの人々。でもその不良または良いけれども。非常に多くの作品がフィリピンで、今、この世代の日にここにあり、唯一の少数の人々はまだ十分ではない維持し、ニーズに彼らの家族をサポートするために彼らの親の給料に多分安定して良い仕事を持っています。したがって、一部の人々は、海外での資金の大きなパンのためにフィリピンでここに家族を残して犠牲理由の一つです。私たちの知識がなくても、その犠牲はただ貧困から自分の家族を高めるために大きな義務がありました。それを残すために家族に一生懸命しているのですが、それでも我々はすべての豊かな生活を残すために、さまざまな方法で私たちの同胞を助けたい……..私自身の意見海外フィリピン人労働者であること(OFW)のように権威のある仕事でしたフィリピン人。私たちの世界のすべての側面ではフィリピン人を持っています。それらの一つ一つは、誰がために良い方法で彼らのハードワークのお金を取ることができなかった義務を負っています。フィリピン人は、ハードの種類、忍耐と誇りを作業しているので、フィリピンのように動作します。いくつかのフィリピン人が海外で取得し、それらの多くは無学あるないし、財政的に彼らの研究を維持することはできませんので、フィリピンが繁栄することはありません理由です。だから私はそれがフィリピンでここに住むことに懸命だ、と言うことができます。

 

2015/12/30掲載

BEGGARS ALONG THE STREETS

Poverty is the main reason why lots of children not only but also adults living along the streets. They live together with their children instead to abort them. The important is they living together in terms of closeness through little food or in sickness but still them holding on to each other. Lack of housing project, food assistance is one of the reasons why instead living at the proper they are located at streets side of different corners of the cities, especially at the METRO MANILA areas. Government always finds way just to have solutions to this problem but poverty still growing so that streets child also growing. Helps to lessen the count although can’t fix it right away.

Google自動翻訳を以下に掲載

貧困が主な理由である理由

通りに沿って子どもたちだけでなく大人もたくさん。彼らは、それらを中止する代わりに子供たちと一緒に暮らしています。重要なのは、彼らはほとんどの食品を介して、または病気に近さの点では一緒に住んでいるが、それでも彼らはお互いに上に保持しています。住宅プロジェクトの欠如は、食糧援助ではなく、特にマニラ首都圏エリアで、彼らは都市のさまざまなコーナーの通り側に配置され、適切に住んでいる理由の一つです。政府は常にこの問題が、街の子も成長しているように、貧困はまだ成長の解決策を持っている方法だけ見つけました。すぐにそれを修正することはできませんが、数を減らすのに役立ちます。

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP