オンライン英会話 個別指導のエイゴル。オンライン英会話スクールを超えた完全個別指導。幼児英会話、キッズ英会話、子供英会話でも評判。無料体験レッスン回数無制限、完全後払い、毎月1000円以下のインターネット英会話で格安料金。

MENU

お役立ち情報

  • HOME »
  • お役立ち情報

ここでは、英会話学習に関連する各種お役立ち情報を掲載しております

フィリピンからのエッセイ Essay from Philippines

Essay from Philippines オンライン英会話 エイゴル目次Essay from Philippines オンライン英会話 エイゴルAWAKENING CALL覚醒CALLBE A FAIR ON WORKER労働者に公正であれCASE OF THIRD PARTY第三者のケースTOWARDS WORLD CITIZENSHIP世界人に向けてBE A SELFLESS無欲たれJOB DESCRIPTION/QUALIFICATION職務内容/資格FIRST DAY AT SCHOOL学校での最初の日EASY MONEY IN A WRONG WAY間違った方法で楽に手にはいる金ASK FOR BEST RULER最良の規律を求めますDEATH WITH DIGNITY尊厳死‘MY FRIEND’‘私の友人’‘FILIPINO TRAITS’「フィリピン人の形質」GOOD DEED善い行いDRUGS A BIT ESCAPEドラッグによる逃避PHILIPPINES LIFEフィリピンライフBEGGARS ALONG THE STREETS貧困が主な理由である理由    ここでは、フィリピンから送られてきたいくつかのエッセイ(随筆、記事)を掲載していきます。これらのエッセイは、フィリピンの人と日本人に通じる素直な感性を感じてもらえると思います。いくつか、文法や語彙などが省略されているところもありますが、あえて、修正せず掲載していきます。 2016/07/14掲載 CRIMES AGAINST OUR ENVIRONMENT Okay, its true. We humans have made a mess of our world. We’ve committed many criminals act against our environment,If we’d been a little smarter, if we had done more planning, if we hadn’t been so greedy, our world would be a much better place. We wouldn’t have created giant cities without efficient transportation system. We wouldn’t have populated our air, land, …

英会話上達の構造(Video付)

犬アイコン

オンライン英会話 エイゴル ネイティブではない日本人のための英会話上達の構造目次オンライン英会話 エイゴル ネイティブではない日本人のための英会話上達の構造●サマリ版 1.「英語構造文法力」2.「リエゾン聴き取り力」3.「よく使うフレーズやパターン力」4.「他の言い方で言えない単語力」5.「文頭からの英作文力」6.「ロジカル・コミュニケーション力」 ●詳細版(詳しく読みたい方はこちら。長文です)Ⅰ.概要Ⅱ.内容 1.「英語構造文法力」2.「リエゾン聴き取り力」3.「よく使うフレーズやパターン力」4.「他の言い方で言えない単語力」5.「文頭からの英作文力」6.「ロジカル・コミュニケーション力」   ネイティブではない日本人のための英会話上達の手順(中学卒業生以上の方向け) ※この記事は随時追加/構成/修正してゆきます。この記事に関するコメントや反論をいただき、それをもとに、より正しい内容に書き換えていければと考えています。ぜひ、厳しいご意見や反論をお待ちしております。 連絡先 eigoru.office@gmail.com メールタイトル「英会話上達の構造」でお願いいたします。  エイゴルニュースはエイゴルおよびフレックスエイゴルから「新しい先生加入」「重要なお知らせ」「お役立ち情報」などを発信する無料のニュースメールです。   ※登録ではお名前など一切の個人情報はお伺いしておりません、よく使うメールアドレスだけご入力下さい。  また、いつでも、何度でも、購読解除/再登録できますので、お気軽にどうぞご登録ください。 ●サマリ版  筆者はプライベートでもビジネスでも、英語で困らず話せるようになりましたが、英会話をマスターしたのはフィリピンの人とのオンラインでの会話とチャットとメールだけと言っても過言ではありません。  英会話のために猛勉強したということはありませんが、以下に書いているように、少し意識的に工夫していたことがありました。  そこで、今回、私の考える英語学習方法について、話をしてみたいと思い、この記事を書くことにしました。   ネイティブではない人の英会話のスキルは、大きく6つに別れると考えています。 1.「英語構造文法力」 2.「リエゾン聴き取り力」 3.「よく使うフレーズやパターン力」 4.「他の言い方で言えない単語力」 5.「文頭からの英作文力」 6.「ロジカル・コミュニケーション力」 です。  この記事では、中学卒業以上の方向けに、これらの力について、その内容と、その力を高める方法について説明していきたいと思います。  また、これらは英会話の力と、その構造を話そうとするもので、1から6までを順番に高める必要があると言っているものではありません。  それぞれの力について、今、すでに持っている自分の力の、どこに弱みがあるのかに気づいていただき、その部分を意識しながらバランスよく、英会話力を向上していただければと考えています。   以下に順に、説明していきたいと思います。     1.「英語構造文法力」  英語構造文法力とは、記載された英文の構造を文法的に分解でき、文章の構造を英文法にのっとって書き出すことができる力をここでは指します。  しばしば、「中学の英文法のレベルで、日常会話は十分」ということを書いている場合がありますが、私が言うと、少しニュアンスが違った表現になります。  「中学の英文法は、英語の英語構造文法の全てを理解することと同じです。それがマスターできていれば、後は単語と熟語だけの問題が残るだけで、日常会話だけではなく、ビジネスでもあらゆることを英語で表現できるようになります」、といったところでしょうか。  英語の構造を文法として説明できず、なんとなくわかるというレベルでは、中学の英文法を理解しているとは言えないのだと思います。  英文法は、「縛り」ではなく、とても役に立つ「ルール集」です。英文法が苦手なまま、難度の高い大学入試に挑む人がいますが、それは無謀だと思います。  そして、英会話にも英文法、特に英語構造文法のマスターは必須です。  英語構造文法をいい加減にして、英会話をマスターしたいという人は、自分の能力を過信しすぎだと感じます。  つまり、古代の石版を自力で読解できる、と言っていることと同じことだからです。  あるいは、知らない言語、たとえばロシア語の文法を勉強せず、ずっと聴き続けて、読み続ければ、自分の中でルールを自然に見つけることができる、と主張しているのと同じように聴こえます。  言い換えれば、過去の文法研究家たちの功績を、一人で成し遂げられる、と言っているのと同じに聴こえます。 英語構造文法が苦手で、英会話ができるという人の英語は、カタコト英語である場合があります。    では、ちょっとここで、あなたが中学の英文法をマスターしているか、を確認してみましょう。 以下のどの文が英文法的に間違いかわかりますか? 「どこの国(地域)から来たのですか?」という場合を見てみましょう。 1.Where are you from? 2.Where are you come from? 3.Where are you coming from? 4.Where did you coming from? 5.Where do you come from? 6.Where have you came from? 7.Where have you come from? 8.Where are you come to? 9.What country did you come from? 10.What country did you come? このうち偶数番号は文法的にすべて間違いです。    これらの英文法は中学生で習う内容ですが、あなたが、これらを何か正しそうに聞こえるものを、感覚的に探しだそうとしているのであれば、中学の英文法をマスターしているとは言えません。  英文法の中でも、文の構造に関する英語構造文法はとても重要です。 例えば一例として、 It is impossible for you to do it.(不定詞を使った文章) …

幼児、キッズ、ジュニア、子供、小学生のオンライン英会話レッスンとは

オンライン英会話 幼児、キッズ、子供、小学生とは オンライン英会話 エイゴル    エイゴルでは小さなお子様でもレッスンを受講されています。 3歳からとなっていますが、1歳のお子様も生徒様としておられます。   3歳から5歳の生徒様 いったい3歳から5歳の、親の言うことさえ、落ち着いてきけない幼児にオンラインでレッスンなんて受講できるのでしょうか? しかし、実際に、エイゴルではそのような、生徒様にもレッスンをしています。 不通のオンライン英会話スクールでは到底考えられないレッスン風景がそこにはあります。 まず、幼児は、落ち着いてPCの前に座っていることさえできません。そこで、あっちに行ったり、こっちに来たり、先生の話を聞いていなかったり、関係ないことを突然話し出したり。 しかし、エイゴルの先生は、手慣れたものです。そんなことは、先生は子育ての経験がある先生はよくわかっています。 気が散漫な幼児の気を引きながら、英語に慣れさせていきます。 幼児を受講させている保護者様からのお礼のメールは共通しています。 「よく、あんなに、落ち着いていない息子を粘り強く対応してくださって、申し訳ないのと同時に、感謝しています」 というものです。 地上のキッズスクールは多くはグループレッスンですが、オンライン英会話は1:1です。そこに大きな違いがあります。 子供が自ら英語で先生に伝えようとする姿を見たときは、頼もしく感じる。   キッズ、ジュニア、子供、小学生の生徒様  次に、エイゴルでは、キッズ、ジュニア、子供と呼ばれる5歳から小学生の生徒様も、多く受講されています。 この年齢になると、いろいろ、日本語で話せるようになりますが、お子様によっては、幼児ほどではなくとも、授業中でも教室を徘徊するのと同様、PCの前に座って、おとなしく先生と会話してくれるとも限りません。  しかし、先生もそこは慣れたものです、最初は、ちぐはぐな関係でも、だんだん、その子供の興味があることを探り出し、対応してくれます。 よくエイゴルの先生は自己紹介で、私は忍耐強いという自己アピールをしますが、どうして、そういうことをアピールするのか、不思議に感じられる方もいるかも知れませんが、こういう、先生の話をじっと聞いていられない子供にも怒らず、諦めず、コミュニケーションをとろうと対応することも意味しています。  そういうことが子供には大切なのです。  英語を喋れるから話すのではなく、知っている英語でなんとかコミュニケーションを取ろうとする態度を身につけることが一番大切で、このことをフィリピンの子育ての経験がある先生はよく理解して、忍耐強く対応してくれます。  最初は、すこしの単語ですが、次第に、先生が繰り返して伝えたフレーズを使えるようになります。  生徒様によって、速さは異なりますが、ある時から、カタコト英語で先生と会話をしている姿に感動するものです。    いずれにせよ、こういった、幼児、キッズ、ジュニア、子供、小学生のオンライン英会話で伸びさせるためには、お子様が大好きになる先生を見つけることです。 そのために、エイゴルでは、無料トライアルの回数を無制限にしています。  ぜひ、先生と会うのが、毎回、待ちきれないような相性のあう先生を見つけてあげてください。  

英会話スクールと先生の選び方

オンライン英会話 エイゴル 英会話スクールと先生の選び方目次オンライン英会話 エイゴル 英会話スクールと先生の選び方 Ⅰ.英会話スクールと先生の選び方(1)初心者はネイティブではなく、第二外国語として英会話をマスターしている先生を探す(2)駅前のスクールの先生より、オンライン英会話の先生を探す(3)オンラインスクールでは毎回異なる先生ではなく、継続的に続けて話せる先生を探す(4)また話したいという先生を探す(5)一人に限定せず、何人かの先生を平行して受講する(6)幼児~小学生の子供の英会話には子育ての経験がある先生を探す(7)箱型ではなく個人家庭接続方式のスクールから先生を探す   英会話スクールと先生の選び方 ※この記事は随時追加/構成/修正してゆきます。この記事に関するコメントや反論をいただき、それをもとに、より正しい内容に書き換えていければと考えています。ぜひ、厳しいご意見や反論をお待ちしております。 連絡先 eigoru.office@gmail.com メールタイトル「英会話スクールと先生の選び方」でお願いいたします。  エイゴルニュースはエイゴルおよびフレックスエイゴルから「新しい先生加入」「重要なお知らせ」「お役立ち情報」などを発信する無料のニュースメールです。   ※登録ではお名前など一切の個人情報はお伺いしておりません、よく使うメールアドレスだけご入力下さい。  また、いつでも、何度でも、購読解除/再登録できますので、お気軽にどうぞご登録ください。   Ⅰ.英会話スクールと先生の選び方    詳しい説明もできるのですが、ここでは、簡単に結論だけお話したいと思います。   (1)初心者はネイティブではなく、第二外国語として英会話をマスターしている先生を探す   日本人が日本語を外国人に教えるのが難しいように、母国語として英語をマスターしている人は英語を教えることは難しいと言えます。   あなたは、外国人に日本語を効果的に教える自信がありますか?サ行変格活用とか覚えていて、説明できますか?   一方、第二外国語として英語をマスターした人は、英語の構造が理解できており、兄弟や子供に教えていることが多く、教え方を身につけている確率が高いと言えます。   日本人講師やフィリピン講師やその他の英語を母国語とする先生より、上達が早くなるのはそこに理由があります。   すでに、英会話でスムースに話せる人は、ネイティブを始め、世界各国の人と話してヒアリングや言い方のバラエティを増やすのがいいと思います。   (2)駅前のスクールの先生より、オンライン英会話の先生を探す    まず、駅前の先生は、彼らの給与や駅前のビル代金や日本人スタッフのコストが掛かり過ぎるため、値段が高すぎます。そして、ネイティブが中心で、英語を教えるための正式な訓練を受けていないため、テキストにそって、ミスを直すことが中心となります。    また、オンラインではチャットができ、記録も残るため、電子辞書が使えますし、あとで見直すこともできます。    もちろん、グループレッスンはその中でかなり喋れるスキルがない場合は、避けたほうが無難です。   (3)オンラインスクールでは毎回異なる先生ではなく、継続的に続けて話せる先生を探す    空いている先生をリアルタイムで予約する方式では、先生を継続して予約できないとか、個別に生徒の進捗を把握し、それに合わせてレッスンや教材を準備できないような先生は避けるべきです。   (4)また話したいという先生を探す    英会話の練習のために、話してもつまらない先生と毎回となると続かないです。「また、今度も話したいなぁ~」と思える先生、頭がよく、人柄がよく、深い話ができる先生に、出会うことが重要です。   (5)一人に限定せず、何人かの先生を平行して受講する    これにより、それぞれの先生の違いも分かりますし、良いとこ取りをすることができます。   (6)幼児~小学生の子供の英会話には子育ての経験がある先生を探す    子育ての経験がある先生は、子供に第二外国語として英語を家庭内で教育した経験があります。   子育てを経験したことのある経験がある先生は、小さな子供への教え方は理解していますし、レッスン中に集中することさえ難しい幼児の扱いに慣れています。   (7)箱型ではなく個人家庭接続方式のスクールから先生を探す    一概には言えませんが、自宅からの回線ではなく、箱型(コールセンター型)に勤務する先生から探す場合には、いくつかのリスクがあることを知っていていただければと思います。    その理由は、まず、オンライン英会話講師で自宅ではなく、コールセンターに務める場合は給与がよくありません。    つまり、より給与がよい仕事につけない人が務めていることがあります。    もちろん、能力があっても、より高い給与の職(例えば本当のコールセンターのオペレータ職など)につけず、箱型でのオンライン英会話の講師として働いている場合もあるので一概には言えません。    また、英語を教えるのが好きで、いつかは独立して自宅から個人英会話家庭教師になりたいと夢見ている先生もおり、人気が出ると独立して家庭教師になる先生もいますので、一概には良くないとはもちろん言えません。    ただ、オンライン英会話に耐えるようなインターネットを自宅に敷設するのは、かなりの高額であり、それを回収できる程の多くの固定の生徒をもっていないと独立できません。    つまり「お金がない、生徒が多くない、より給与がよい職場に就職できない」というケースが多いのが現実です。    それをよく表しているのが、箱型スクール(コールセンター型)の管理体制です。    箱型オンライン英会話(コールセンタ型)の事務所に出勤している講師は、マネージャーがいなければ、サボったり、おしゃべりをしたり、時間が来ても席につかなかったり、手抜きレッスンをするので、マネージャーは常に見張っている必要があります。マネジメントではなく見張りなのです。  これは、フィリピンのスクールを運営する経営者の共通する悩みの一つです。    すこし、話が脱線しますが、フィリピンと日本の常識の違いについて、この機会に話してみたいと思います。    日本人とフィリピン人は、とても相性がよいと思いますし、私も親友が多くいますが、やはりいくつか文化や感覚に違いがあります。    例えば、フィリピンでのお店の店員やタクシーの運転手は、従業時間中でも、おしゃべり、私用電話、私語、鼻歌などはよくあることです。    また、遅刻はよくあることです。親友同士でも恋人同士でも、そして出社時間でも、しばしは遅刻をします。  日本も昔はそうでしたが、今の日本人は世界で特殊ともいってよい時間厳守の感覚があるため、海外では普通に起こる遅刻やドタキャンに苛立ちを感じるのが普通です。      以上の様なことは、日本の文化を理解するようになれば、先生側も修正してきますが、以下のようなことは、今度は日本人側が理解している必要があります。   例えば、  先生の子供が熱を出し、子供の面倒を見るために、仕事を休むことはフィリピンでは当たり前だと考えられています。逆に、子供に熱があるのに、仕事を優先したとすると周囲から、なんて冷たい親なんだろうとフィリピンでは思われます。家族は仕事よりも”当然”重要なのです」 これがオンラインのレッスンだった場合には、日本人から言えば、「そんな、自分の子供が熱を出したくらいで、休むなんて考えられない。私の子供だって、他の用事をキャンセルして、パソコンの前で「先生まだかな~」待っていたのに、可哀想だと思わないのか?」となります。   あるいは、 「買い物に出かけたが、車が混んで、帰れないので、レッスンに間に合わない」ということもあります。  これはフィリピンに詳しい方ならわかるのですが、ジープニーという交通システムと突然のスコールが重なると、30分のところが5時間もかかってしまうことがあるのです。道路工事が突然始まって大渋滞も日常的です。  あらかじめ、早めに自宅に帰ろうと思っていても、帰れないインフラの弱さがあります。   あるいは、 「インターネットがつながらないので、今日のレッスンはキャンセルします」という連絡がレッスン直前に生徒に入ることがあります」  これも、日本の様な安定したインターネットでは考えられないため、日本の生徒は「先生が面倒になって、サボったのではないか?」と勘違いする場合もあります。 しかし、フィリピンだけではなく、海外とのインターネットは多くは不安定です。直前になって、通信がキレギレになり、スカイプができないと判断せざるを得ない場合や、メールさえ無反応になる場合があります。      さて、話しを箱型スクール(コールセンター型)と自宅からの講師の比較の話に戻します。    それでは自宅の講師は、そうではないのかと言うと、自宅の講師でも避けられない問題がありますが、自宅からやる先生で生徒と信頼関係や相互理解を得られない先生は、最初だけ生徒がついても、次第に離れていくため、生き残れないのです。    つまり、新しく自宅で家庭教師を始めたばかりの先生は別として、継続して自宅で先生をやっている人は、生き残ってきた人たち、つまり、競争のなかで、一定の評価を得ている人だと言えるため、良い先生である確率が高いのです。    また、箱型のオンラインスクールでも、英語のスキルは採用時にチェックされるので、問題はないと思いますが、基本的に、スクールのテキストにそってレッスンを進めていくトレーニングを受けさせられます。   …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP